PF事例

PF事例

Vieureka Manager入門 第1回:
100台以上のカメラ運用どうする?

Vieurekaチーム

Vieurekaチーム開発担当の若井です。
Vieureka Managerってご存じですか?このページをご覧になっている方でも、名前は聞いたことあるけど良く知らない、という人も多いんじゃないでしょうか。そこで、これから3回に分けてVieureka Managerの価値や今後のアップデート予定などご紹介させていただこうと思います。


・第1回:100台以上のカメラ運用どうする?
第2回:Vieureka Manager新UIで追加された新機能とは?
第3回:Vieureka Managerの今後のアプデ情報


今回は第1回「100台以上のカメラ運用どうする?」ということで、多数のカメラの運用・保守・管理がVieureka Managerを使っていかに効率的に実施できるのかをご紹介します。


IoTサービスをWorld Wideに展開しようとした場合、無数のIoTデバイスの管理って大変だと思いませんか?遠隔地に設置されたデバイスの状態把握、障害発生の検知、障害の原因解析・対策、などなど。


個々のデバイスへのリモートログインを可能にするツールもありますが、各デバイスにリモートログインして1台ずつ状態確認しながらサービスを運用できるのは、せいぜい十台程度ではないでしょうか。Vieureka Managerはこれらの課題を解決し、さらに、遠隔からカメラ(IoTデバイス)内で動作する画像解析アプリを追加・アップデートできますので、カメラ設置後に現地に駆け付けることなくサービスを継続的に進化させることも可能にします。


以下、Vieureka Managerで良く利用する2つの画面をご紹介します。


Vieureka Managerではカメラを設置場所(Location)毎にグルーピングして管理します。この画面ではLocation毎に以下のカメラ情報を確認でき、稼働状況や障害発生状況が一目で把握できます。


・カメラの数 及び そのうちオンラインであるカメラの数
・1時間以内/1日以内/1週間以内 にカメラで発生したエラー総数
・カメラにインストールされた画像解析アプリの総数
・1時間以内/1日以内/1週間以内 に画像解析アプリで発生したエラー総数


また、カメラで障害が発生した際に通知メールを送信する機能(別画面)もありますので、迅速な障害対応が可能です。


この画面ではLocation内の各カメラの状態、及びカメラにインストールされた各画像解析アプリの状態を確認いただけます。


・カメラの状態
  - オンライン or オフライン
  - CPU利用率
  - 1時間以内/1日以内/1週間以内 にカメラで発生したエラー数、エラー内容
・画像解析アプリの状態
  - 停止中 or 起動中
  - CPU使用率
  - 1時間以内/1日以内/1週間以内 に画像解析アプリで発生したエラー数、エラー内容


また、状態の確認だけではなく、この画面で以下の制御も可能です。


・カメラの制御
  - 再起動
  - ファームウェアアップデート
・画像解析アプリの制御
  - インストール・アンインストール・バージョンアップ
  - 起動・停止
  - 設定値変更
  - ログファイル取得


複数のカメラや画像解析アプリを一括で操作することもできますので、管理対象のカメラが増えても効率的に作業を実施いただけます。


今回は運用担当者がよく利用する画面を基にVieureka Managerをご紹介しました。管理するカメラが100台以上に増えた場合を想像してみると、Vieureka Managerの価値がよりご理解いただけると思います。


弊社で提供中の来客分析サービスも、実際に千台規模のカメラをVieureka Managerを利用して管理しています。画像解析アプリのアップデートや障害対応などの大半の運用業務がリモートで行えるようになったため、ほとんど現地に駆け付けることなく運用コストを劇的に下げることができています。


Vieureka Managerに興味を持たれた方は是非問合せフォームからご連絡ください!


次回の第2回はVieureka Managerに最近追加された新機能についてご紹介します。