パートナープログラム

パートナープログラムの概要

Vieurekaではパートナープログラムをご用意しています。
AI、IoT、エッジコンピューティングのニーズが高まる中、インテグレーター、ハードウェアメーカー、AIエンジンメーカーの皆様とVieurekaの共創により、エンドユーザーに多様なIoTの活用シーンを提供できるコミュニティを目指します。
パートナーはVieurekaが提供する「Vieurekaプラットフォーム」や「Vieurekaカメラ」を利用することにより、ご自身のアプリケーション・ソリューションの開発、Vieureka対応カメラ・デバイスの開発が可能になります。

パートナーとVieurekaの相互の役割

パートナーとVieurekaの相互の役割 パートナーとVieurekaの相互の役割

Vieurekaチームは、画像エッジコンピューティングやIoTとAIを掛け合わせたソリューションを実現するために必要な、基本機能とアプリ・ソリューション開発のためのSDK(ソフトウェア開発キット)とリファレンスIoTカメラ(Vieurekaカメラ)を、開発者に提供いたします。さらに、Vieurekaカメラとカメラ内のアプリを管理するためのVieureka Managerを提供します。
パートナーはエンドユーザ向けのソリューションの価値創出に向け、必要な作業に集中していただくことができます。

パートナープログラムについて

共同でマーケティング活動を展開

共同でマーケティング活動を展開 共同でマーケティング活動を展開

Vieurekaチームとパートナー様で、下記の共同マーケティング活動をおこなっています。
・顧客のご紹介、ビジネスマッチング。
・パートナー様の得意分野に応じた提供サービスの共同検討。
・Vieurekaホームページでのパートナー様の社名・ロゴ・連絡先掲載。取り組みのご紹介。
・Vieureka公式サイト活用・ロゴ使用等。

パートナーセミナーの開催

パートナープログラムでは、パートナーの皆様の間での情報共有、連携取組を支援させていただくために、パートナーセミナーなどを開催しています。
パートナーセミナーでは、Vieureka活用事例の共有や、パートナーの皆様のネットワーキングをおこなっています。
インテグレーター、AIエンジンベンダー、ハードウェアベンダーなどの間で、ソリューション創出のためのマッチング支援をおこない、共同でサービスの開発や、展示会出展をおこなっております。

パートナーセミナーの様子 パートナーセミナーの様子
パートナー一覧 パートナー一覧

SDKの提供、ハンズオンセミナー開催

SDKの提供、ハンズオンセミナー開催 SDKの提供、ハンズオンセミナー開催

SDK(ソフトウェア開発キット)を使った、アプリ・ソリューション開発に必要な技術スキルをパートナー様につけていただくための、ハンズオンを開催しています。パートナー様のニーズに応じた内容のセミナー開催も可能です。

また、Vieureka技術メンバーによるQ&Aなどの技術サポートも提供しています。

Vieurekaパートナーコミュニティの構成

Vieurekaパートナーコミュニティの構成 Vieurekaパートナーコミュニティの構成

「パートナー」と「Vieureka」によるコミュニティを形成することで、新たなIoTサービスを共創していきます。

業態に応じて、下記の2種類のパートナーをご用意しております。

パートナーの種類


ソリューションパートナー
エンドユーザーにVieurekaを使ったサービスを提供するパートナーになります。
例)AI・画像解析など、IoTカメラ側アプリケーションを開発するソフトウェアベンダー様
BIツール、WebAPI、可視化ツールなどWebアプリを開発するソフトウェアベンター様
システムインテグレーションを行うインテグレーター様

ハードウェアパートナー
パートナーデバイスとして、Vieureka PF対応IoTカメラを提供するパートナーになります。
例)カメラメーカー様

パートナーに提供する特典について
パートナー制度で提供される具体例として、下記のものがあります
・共同マーケティング活動(Vieureka公式サイト活用・ロゴ使用等)​、ビジネスマッチング
・Vieurekaホームページでのパートナー様の社名・ロゴ・連絡先掲載。取り組みのご紹介。
・Vieureka技術情報の先行入手​、技術ハンズオンのご提供
・年数回のパートナー様向けセミナーへのご参加

下記をパートナー様向け特別価格にてご提供いたします。
・App開発SDK(1セット)
・Vieurekaカメラ(VRK-C201 x 1台)
・Vieureka Managerのご利用

価格、具体的内容についてはお問い合わせください。

導入事例