エッジデバイス「Vieurekaカメラ」

エッジデバイス「Vieureka カメラ」とは

Vieurekaカメラ Vieurekaカメラ
VieurekaカメラはVieureka PF対応のIoTカメラです。
VieurekaカメラはCPUを内蔵し、画像解析アプリをクラウドからデプロイさせることができます。カメラとアプリはクラウド上のVieureka Managerから定常的に制御・状態管理されます。
カメラ内で画像解析を行うことで現場にパソコンを置くことなく、クラウドへ大容量の映像データを送信することなく、サービスを構築することができます。
またサービス導入後に、遠隔からアプリをアップデートして、導入時よりもサービスの利用価値を高めることができます。

Vieureka カメラの4つの特徴

カメラ本体で画像解析処理
本体に搭載した高性能CPUにより、インストールされたアプリの画像解析処理をカメラ本体で実行するため、別途でパソコンを準備する必要がありません。システムを容易に導入することができます。
遠隔操作でアプリの入替え、アップデート
Vieureka Managerを利用して、アプリのインストール/アンインストールや、アップデートを遠隔から実行できます。1台のカメラを目的に応じて様々な用途で利用することも可能です。
USB インターフェイスを利用した拡張性
各種センサーや通信機器をカメラに接続して連携させることにより、活用シーンや活用方法が広がります。LTE通信ドングルを接続すれば、設置導入時に煩雑なネットワーク設定を行うことなく、容易に解析データを収集できます。
設置場所を選ばないデザイン
防犯カメラのような威圧感を与えない、設置先の空間に馴染みやすく導入しやすいデザインです。

VRK-C301主な特長

高性能CPUを搭載したパフォーマンスモデル
ハードウェア性能の進化により、高度な画像解析技術を利用したサービスを実現できます。
充実した開発環境(SDK)
画像解析・ディープラーニング用ソフトウェアライブラリとしてOpenCV、OpenCL、Amazon SageMaker Neo、TensorFlow Liteを標準搭載しており、アプリをより容易に開発できます。開発言語にはC/C++, Pythonが利用できます。また、AWS IoT Greengrass v1にも対応しています。
設置バリエーションを拡大
望遠レンズモデルの追加、画像ローテーション機能(90度回転)により、目的に合わせて最適な設置方法をご提案できます。
デザイン
多様な設置シーンを想定し、より目立ちにくい無彩色のデザインへ進化しています。

仕様表

製品名
VRK-C301
VRK-C201
カメラ
1920x1080 (1080p)30fps(最大)
1920x1080 (1080p)30fps(最大)
レンズ
広角モデル: 対角124°
望遠モデル: 対角61°
対角137°
CPU/GPU
ARM Cortex-A72 x 2 @1.8GHz
  + Cortex-A53 x 4 @1.4GHz
ARM Mali T860MP4
ARM Cortex-A9 x 4 @1.0GHz​
メモリ
ROM: 8GB, RAM: 2GB
ROM: 4GB, RAM: 512MB
マイク
無指向性コンデンサマイク
無指向性コンデンサマイク
夜間照明
IR-LED内蔵
IR-LED内蔵
Ethernet
10BASE-T/100BASE-TX
10BASE-T/100BASE-TX
USB
USB3.0 Type-A
USB2.0 Type-A
SDカード
microSDHC対応
microSDHC対応
電源入力
PoE+給電(IEEE802.3at準拠)または
DC 5V/最大3.2A(16W)(φ5.5/2.1mm)
※IR-LED、USB給電 未使用時 約1.8A(9W)
(起動中の消費電力はこれを上回ることが
 あります)
PoE給電(IEEE802.3af準拠)または
DC 5V/最大2.6A(13W)(φ5.5/2.5mm)​
※IR-LED、USB給電 未使用時 約1.6A(8W)
(起動中の消費電力はこれを上回ることが
 あります)
幅x高さx厚み
87 × 87 × 35.6 mm (突起部除く)
93 × 75 × 30 mm (突起部除く)
画像ローテーション機能
×
Vieureka PF対応
Python対応
×
AWS IoT Greengrass v1対応
×

主なソフトウェアライブラリ一覧

・Python v3
・OpenCV v3
・OpenCL v1.2
・Amazon SageMaker Neo
・TensorFlow Lite v2
・AWS IoT Greengrass v1

都度バージョンアップを行っておりますので、最新のバージョンについてはお問い合わせください。

インタフェースと機能(VRK-C301)

インタフェース(VRK-C301) インタフェース(VRK-C301)
録画機能
録画をする場合にmicroSDカードへ記録することができます。

外部機器接続
USB インターフェイスに各種機器を接続して機能を拡張できます。
例えば、LTE通信ドングルを接続して無線通信に対応したり、各種センサーを接続して外部機器のセンシングデータを取り込んだりすることができるようになります。

設置性

設置性(VRK-C301) 設置性(VRK-C301)
フィクサーなどの取付治具を用いた天井からの吊り下げ設置、天井や壁へねじ止め固定ができます。また、磁石を利用した工事不要の簡易設置により、展示会や実証実験のような短期利用の用途にも容易に導入可能です。

屋外設置用ハウジング(VRK-C301専用)

Vieurekaカメラは屋外用途に適しています。カメラ内の画像解析処理により通信量を減らし、LTE通信(※)に対応しているため、屋内からLANケーブルを引き回す必要はなく、電源を接続するだけで簡単に解析データをクラウドに上げることができます。
屋外でご活用いただくためのVRK-C301専用のハウジングをご用意しています。LTE通信ドングルも内蔵できるカメラBOXと電源BOXの二体型のハウジングになります。
屋外での交通量調査などに役立ちます。

※LTE通信ドングル接続時

VRK-C301専用のハウジングの写真 VRK-C301専用のハウジングの写真
※左右の写真で一部外観の仕様が異なっています

VRK-C301専用のハウジングの仕様 VRK-C301専用のハウジングの仕様

参考情報:
柔軟なカメラ設置を可能にするVieurekaカメラ(VRK-C301)「望遠モデル」のご紹介
「ディープラーニングの画像解析を小型エッジコンピュータで実現するVieurekaカメラの新機種VRK-C301を提供開始」 (Panasonic Newsroom) (2020年4月2日)
「パナソニックVieureka(ビューレカ)プラットフォーム対応カメラ VRK-C301提供開始のお知らせ(当社連結子会社:株式会社中日諏訪オプト電子)」 (テクノホライゾンホールディングス株式会社) (2020年4月13日)
NEWS:VRK-C301がAWS デバイス認定プログラムで認定されました (2020年4月2日)
NEWS:「最新VieurekaカメラVRK-C301、先行ユーザーの皆様からのお声」を掲載しました (2020年4月2日)