技術者紹介

ひとりひとりの技術者がロボティクス進化のキーマン

オープンイノベーションによるロボティクス開発の革新に取り組む社内外の技術者を紹介します。

パナソニック株式会社
マニュファクチャリングイノベーション本部
ロボティクス推進室 課長
安藤健

大学(理工学部・医学部)のロボット研究者を経て、パナソニック入社。
ロボティクスの要素技術の研究開発から事業開発まで幅広く取組むとともにRobotics Hubの運営委員長も務める。
機械学会ロボメカ部門技術副委員長、ロボット学会評議員など学会活動も積極的に実施。

パナソニック株式会社
イノベーション推進部門ビジネスイノベーション本部
AIソリューションセンター 主幹技師
山本正樹

入社後、海外研究所に留学し知能ロボットを研究、帰国後は人協調ロボットの研究開発を行った。
近年は、産学合同チームを組んでロボティクスチャレンジに参加するほか、社内の機構制御技術者育成のリーダーを務めている。

パナソニック株式会社
マニュファクチャリングイノベーション本部
ロボティクス推進室 主任技師
今岡紀章

自動車会社にてトランスミッションの設計をしていたが、2年前に転職しパナソニックへ入社。当初からWHILL NEXTのプロジェクトへ参画し、主に全体の機構設計と安全制御系の設計を担当している。
このプロジェクトを通じて、ロボット技術を応用した商品の事業化を行い、世の中に広めていきたいと考えている。

パナソニック株式会社
マニュファクチャリングイノベーション本部
ロボティクス推進室 主任技師
上松弘幸

旧松下電工の時代から15年ほど一貫してロボット開発行っている。
HOSPI開発プロジェクトに長年携わっており、その後WHILL NEXTのプロジェクトが始まり当初から参画している。もともとは機構設計が専門だが、今は主に開発マネージメントを行っている。
このプロジェクトを通じてロボット技術を世の中に役立てたいと願っている。

社外パートナー

WHILL株式会社
システム開発部 部長
白井一充

大学時代の専攻は知能機能創成工学専攻。
大手電機メーカーを経て、WHILLに参画し現在はシステム開発部を統括。
WHILLの制御を改善し、より多くの人にさまざまな使い方をしてもらえる、パーソナルモビリティにすることを目指している。

奈良先端科学技術大学院大学
ロボティクス研究室 助教
ガルシア グスタボ

奈良先端科学技術大学院大学にてロボット工学の博士号を取得し、現在は同大学ロボティクス研究室の助教として、人との共存を前提した安全ロボット制御、ヒューマンロボットインタラクション、システムインテグレーションを研究。近年はパナソニックと連携し、国際的なロボティクス競技へ参画。

立命館大学
立命館グローバル・イノベーション研究機構 専門研究員
エル ハフィ ロトフィ

奈良先端科学技術大学院大学にてロボット工学の博士号を取得し、現在は立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)の専門研究員としてサービスロボティクス、画像処理、人工知能を中心に研究。近年はパナソニックと連携し、国際的なロボティクス競技へ参画。