研究開発テーマ紹介

ペロブスカイト光電変換材料 Perovskite photoelectric conversion material

光電変換デバイスに革新をもたらす新規光電変換材料の研究

ペロブスカイト太陽電池は、65年の歴史をもつシリコン太陽電池と同等の変換効率を、発見から7年という短い期間で実現しました。ペロブスカイト太陽電池の急速な進化は、その名称にも表現されているペロブスカイト材料の優れた物性によりもたらされています。

当社では、高い光吸収能力・電荷分離能力をもつペロブスカイト材料に着目し、優れた半導体物性の発現要因の解明、さらなる物性改良を進めています。革新的な光電変換材料の創出は、太陽電池、照明、光センサー等々の光電変換デバイスの変革を通し未来社会の貢献に繋がると考えています。

ペロブスカイト太陽電池材料
超軽量・低コストのペロブスカイト太陽電池

関連情報

論文:
Science 354(6309), 206-209, 2016
Energy & Environmental Science, 9, 1989-1997, 2016
Chemistry Letters 47, 814-816, 2018
Small, 14, 1802033, 2018
Japanese Journal of Applied Physics 57, 08RB07, 2018