機能と仕様

Technology

システム構成

パナソニックの「Vieureka(ビューレカ)プラットフォーム(以下、Vieureka PF)」は、カメラ本体に搭載された画像認識機能を入れ替え/削除することができ、さまざまなIoTデバイスとして活用可能。
クラウドを利用するため、カメラの設置とネットワーク接続だけで、スピーディにサービスを開始できます。

Vieurekaのシステム構成 Vieurekaのシステム構成

センシング

必要な情報を必要なだけ抽出します。
目的に応じて画像解析機能の入れ替えができ、カメラをさまざまなIoTデバイスとして活用可能です。

クラウド

クラウドサービスを利用するため、専門サーバの購入・設置・運用の必要がなく、カメラ設置とインターネット接続だけでスタートできます。

ビュー

リアルタイムにデータ活用ができ、技術が分からない方でも簡単に運用可能です。

Vieurekaプラットフォーム対応IoTカメラ

目的や用途に応じて、フレキシブルに活用できるVieureka PF対応カメラ

Vieureka PF対応カメラは、カメラ内の画像認識・分析機能アプリをクラウドから容易に入れ替えて、制御・状態監視を行うことができます。専用のPCなどは不要で、クラウドサービスとVieureka PF対応カメラのみでシステムを構築。また、カメラ内でデータを処理して、小容量の認識結果(メタデータ)のみを送信するためネットワークに掛かる負荷が少なく、必要に応じてカメラ台数の増設を容易に行うことができます。

Vieureka PF対応カメラ Vieureka PF対応カメラ

カメラ本体で画像認識・
解析処理

カメラ本体に高速CPUを搭載しており、画像認識・解析アプリをインストールしカメラ内で処理を実行。目的や用途に応じたアプリの入れ替えや削除が可能です。

設置シーンを選ばない、
小型・軽量設計

コンパクトボディに機能性とデザイン性を兼ね備え、設置・施工が容易。カメラ部の角度は0~156°可動し、設置・撮影シーンに応じて任意に固定することができます。

活用法を広げるUSB I/F搭載

USB2.0端子を備え、各種のセンサーやWi-Fiなどの通信機能、入出力デバイスなどのハード拡張が容易。さまざまなデバイス機器との連携により、活用シーンや活用方法が拡大します。