PF事例

PF事例

Vieureka Manager入門 第2回:
Vieureka Manager新UIで追加された新機能とは?

Vieurekaチーム

Vieurekaチーム開発担当の若井です。
3回に分けてVieureka Managerを紹介するシリーズの第2回となります。


第1回:100台以上のカメラ運用どうする?
・第2回:Vieureka Manager新UIで追加された新機能とは?
第3回:Vieureka Managerの今後のアプデ情報


前回は「100台以上のカメラ運用どうする?」というタイトルで、IoTサービスの運用・保守・管理がVieureka Managerを使っていかに効率的に実施できるのかをご説明しました。
このVieureka Managerですが、「運用状況がより一目で分かる」「多数のカメラの操作をより少ないクリック数でできる」など作業効率をさらに高めることを目的として、デザインを刷新した新UIの提供を半年ほど前に開始しました(前回の記事で掲載したVieureka Managerのスクリーンショットも新UIのものになります)。内部構造も一新しており、機能のアップデートを素早く提供できるようになりました。


今回は「Vieureka Manager新UIで追加された新機能とは?」と題して、旧UIから新UIで改善された機能と追加された機能についてご紹介します。


新UIで改善された機能


1.画像解析アプリ折りたたみ表示

カメラ毎にインストールされた画像解析アプリを折りたたみ表示することができるようになりました。これにより、多数のカメラの一覧性を損なわず着目したい画像解析アプリの状態を確認することができるので、運用状況の把握がより簡単になりました。


2.一括操作機能の充実

旧UIでは複数の画像解析アプリのインストール・アンインストール・起動・停止を一括で操作することができましたが、新UIではこれらに加えて画像解析アプリのバージョン変更・設定値変更やカメラのファームウェア更新・再起動の操作なども複数一括で実施できるようになりました。多数のカメラ・画像解析アプリをより一層効率的に管理いただけます。


3.表示フィルター機能の充実

一覧画面での表示フィルター機能が強化されました。旧UIではカメラ名・画像解析アプリ名・バージョン名でのフィルタリングが可能でしたが、新UIではカメラの属性(機種名・説明欄・カメラID)・カメラの状態・画像解析アプリの状態でもフィルタリングできます。
特定の条件のカメラや画像解析アプリのみを一覧表示できますので、状況把握にも便利ですし、一括操作を行う対象のカメラ・画像解析アプリを選択する際にも活用いただけます。


Vieureka Manager 新UI

新UIから追加された機能


1.microSDカードのファイル取得・ファイル削除機能

Vieurekaカメラ(VRK-C201、VRK-C301)にはmicroSDカードスロットが搭載されています。カメラで動作する画像解析アプリの解析結果やデバッグ情報などをmicroSDカードに保存し、必要な時に遠隔から簡単に取得したい、というVieurekaパートナー様からの要望に応え開発した機能です。
加えて、カメラの映像データをmicroSDカードに保存しておけば現地に足を運ぶことなく録画データを取得できますので、画像解析アプリのAI学習データの収集用途にも活用いただいております。


SDカードファイル取得・削除機能

2.エラー通知除外時間設定機能

Vieureka Managerはカメラとの通信を常時監視しており、通信が遮断されるとエラー通知メールを送信する機能を備えています。
しかし、例えば夜間営業しない店舗などカメラの設置場所によっては毎日決まった時間に電源が落とされるといったことがよく起こります。状況的にエラーではないこのようなケースでも、これまではカメラの電源が落とされたタイミングでエラー通知メールが送信されていました。管理するカメラ数が増えるに従ってこのような不要なエラー通知メールが増え、本来チェックすべきエラー通知が埋もれて見つけづらいという問題が顕著になり、Vieurekaパートナー様から改善の要望をいただいていました。
そこで、曜日毎・カメラ毎にエラー通知除外時間を設定する機能を追加し、本当に必要なエラー通知のみを受け取れるようにしました。


エラー通知除外時間設定機能

おわりに


Vieureka Manager新UIで改善・追加された機能の一部をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?これらの多くはVieureka Managerの利用者の皆様から頂いたフィードバックを元に開発してきた機能です。今後も皆様と共にVieureka Managerを進化させていきたいと考えていますので、改善要望やあると嬉しい機能など、どしどしお寄せください!


さて、次回第3回は今後のアップデートに向け現在開発中の機能について少しだけお話しようと思います。