来客分析サービス事例

来客分析サービス

[運用サービス]Vieurekaカメラ導入における設置所要時間の短縮およびコスト削減効果について

Vieurekaチーム

1.Vieurekaの機器構成と特徴


Vieurekaカメラの特徴の一つとして、カメラ内で画像分析処理を行っており、その処理結果データのみをクラウドへ送信する仕組みになっている点が挙げられます。このために分析処理用PCが不要となり、機器構成が必要最低限で済むというメリットが出てきます。今回は、店舗や商業施設等のさまざまな現場において、Vieurekaカメラが簡単に設置運用を実施できる点について弊社の案件事例を踏まえてご紹介したいと思います。


2.従来のネットワークカメラ+PC構成の設置事例


従来のIoTサービスの仕組みとしては、ネットワークカメラ+PCの機器構成を採用しているシステムが多く、この仕組みの場合、


  • 高度な画像分析処理を前提としているため、現場に高スペックなパソコン機器を導入する必要がある。
  • 画像分析処理結果データもしくは画像を現場からクラウド側へ送信する為、ネットワーク環境(有線接続のケースが多い)を準備する必要がある。
  • ネットワーク設定含む設置導入作業が増えてしまい、結果的にイニシャルコストが高くなる。

といった課題があり、その後のシステム運用も考慮すると導入を検討し難いという問題がありました。


3.Vieurekaカメラ導入のメリット


Vieurekaカメラは、現場へのパソコン機器導入や広帯域のネットワークが不要なため、カメラを設置するだけで簡単にサービスをスタートすることができます。


Vieurekaカメラのネットワーク利用については、前項で紹介したネットワークカメラの事例のような有線接続にも対応していますが、LTE対応USBドングルを挿入するだけで有線が不要となりクラウドへのデータ送信が可能となっています。この対応により、カメラの設置と電源接続さえ実施すれば、現場の設置作業は全て完了するため、大がかりな施工工事が不要となり、作業時間を大幅に短縮することが可能となります。


LTEドングルを利用したダクトレールへのカメラ設置

店舗内の装飾額上へのカメラ設置

さて、ここで以下2ケースにおける設置所要時間と設置コストについて、実際にどの程度費やしているのか、弊社の案件実績より比較をしてみます。


(1) ネットワークカメラ+PC構成のシステム導入例
  (カメラ台数50台×導入店舗数1店舗のケース、ネットワーク工事必要)
  ● 設置所要時間:3日
  ● 設置コスト:約300万円(※)


(2) Vieurekaカメラ導入例(ネットワーク工事不要)
  (カメラ台数25台×導入店舗数2店舗のケース、ネットワーク工事不要)
  ● 設置所要時間:1日
  ● 設置コスト:約50万円(※)


(※)弊社案件実績によるコスト算出です。事前現地調査、カメラ画像認識精度チューニング、クラウド環境準備など設置作業以外にかかる費用は除きます。


上記の比較事例より、設置所要時間が大幅に短縮(1/3)され、初期にかかる設置コストも劇的に削減(1/6)されているのがお分かり頂けると思います。また、ネットワーク工事を前提とした場合は配線のための事前調査や関連機器類の準備などの作業が必要となりますが、Vieurekaカメラの場合はそのような事前準備や調整事項も減るため、結果的に額面上に表れていない時間やコストもさらに削減されることになります。この時間短縮とコスト削減のメリットにより、Vieurekaカメラの方が複数店舗への拡大導入を検討しやすくなります。


この他の事例においても、全国チェーンストア出入口付近における人数カウントや、公共機関各施設における人流モニタリングなど、様々な場所や目的に応じてVieurekaカメラのメリットを活かした導入展開を進めておりますので、ご興味のある方は是非、Vieurekaチームにご相談ください。